原因は様々です

この記事をシェアする

肩こりになりにくくする

正しい姿勢は体幹を鍛える

歩きスマホや、長時間のパソコン作業で、猫背の人が多くなっているようですが、まずは、真っ直ぐに立つことを意識しましょう。

正しく立つには、足の裏の指も意識して、地面をしっかりと踏みしめて、骨盤を立たせます。
下腹に力を入れて、おへそを縦長にする意識をし、胸を上に持ち上げるような気持ちで、胸より肩甲骨を意識します。
顎を引き、真っ直ぐ前を見ます。
頭のてっぺんが、空から引っ張られているような感覚で、肩の力を抜いて立ちます。

胸を張って、肩甲骨を寄せるようにするだけでも、肩こりが少し楽になるはずです。

立っている時も、座っている時も、腹筋を意識して、お腹に力を入れていると、体幹が鍛えられ、正しい姿勢にも繋がります。

肩甲骨を動かす

肩こりは、肩の筋肉が強ばってしまうことが原因ですので、肩甲骨を動かすことで、解消に繋がります。

簡単な肩こり解消法は、肩先に両方の指先を置いて、指先を肩に付けたまま、肘を大きく回します。
前から後ろ、後ろから前と、ゆっくり大きく回すと、肩甲骨が鳴る人もいると思います。
何回か回すだけで、随分と肩が楽になってくるので、仕事の合間に、一度試してみてはいかがでしょうか。

また、ヨガやストレッチなどのゆっくりした運動を、継続して行うことで、肩こり解消に繋がることもあるようです。
試してみると、良いでしょう。

その他には、生体やマッサージ、筋膜リリースなども効果があるようです。
いろいろなメンテナンス方法があるので、肩こり解消に、また、予防法として、自分に合ったものを取り入れてみると良いでしょう。



PAGE
TOP