原因は様々です

この記事をシェアする

身体を整えるのは、バランスの良い食事

ビタミンBは、心身を活性化させます

ビタミンBは、疲労回復や、自律神経を整えることができます。

特にビタミンB1は、アルコールの分解や坑神経炎作用もあるそうです。
ビタミンBは、豚のもも肉に多く含まれています。
ビタミンB1は一日に、男性で1.4mg、女性で1.1mg、摂取すると良いそうです。
豚もも肉には、100g当たり、1.01mgのビタミンB1が含まれているそうなので、積極的に摂取すると良いでしょう。

ビタミン12にも、神経を正常に機能させる働きがあります。
しじみに最も多く含まれていて、赤貝、あさり、はまぐりなどの貝類に比較的多く含まれています。
必要摂取量は、成人で一日、2.4mcgで、しじみは100g当たり、62.4mcg含まれています。

ビタミンCは、ストレスを改善させます

ビタミンCは美容にも良いことは、良く聞く話だと思いますが、ストレスにも効果を発揮します。
また、老化防止にも貢献するようです。

たくさん摂取したくなりますね。
多く含まれる食材は、レモンが代表的ですね。
レモンのほかにも、多く含まれる食材はたくさんあります。

1位は、アセロラで、100g当たり、1700mg。
2位は、ケール(青汁)で、100g当たり、1100mg。
成人の一日に必要な摂取量は、100mgなので、充分な量を摂取できそうですね。
その他には、代表的なものでは、パセリ(乾、香辛料類)820mg、赤ピーマン180mg、キウイフルーツ140mg、レモン100mgとなります。

ビタミンCは、果物や野菜に多く含まれているイメージがありますが、辛子明太子76mg、やショルダーハム55mgにもふくまれています。



PAGE
TOP