原因は様々です

この記事をシェアする

予防することが大切

自律神経の乱れには要注意

肩こり以外にも、自律神経が乱れると、様々な症状を引き起こします。

頭痛やめまい、耳鳴り、微熱、体のだるさ、不眠などの症状が出てくることもあります。
自律神経が乱れていることに、自分では気付きにくいので、慢性化してしまうこともあります。
これらの症状があったら、自律神経の乱れを疑ってみましょう。

原因には、ストレスが大きく関係していることがあります。
ストレスというと、精神的なものに目が向きがちですが、身体的なストレスもあります。

気温や気圧の変化、運動不足なども、体にとってはストレスになります。
また、食べ過ぎや飲酒、喫煙も体にとってはストレスに成り得ます。
睡眠不足や夜更かし、長距離通勤などでも、体はストレスを感じています。

自律神経を整えるためには

最も理想的なことは、健康的で、規則正しい生活を送ることでしょう。

朝は早く起き、朝食をしっかり食べて、満員電車でない電車に乗って、短時間で通勤。
昼食もバランスの取れたものを取り、体に負担がかからない姿勢で仕事をし、定期的に体を休ませる。
そして、遅くまで残業をせずに、早く帰って夕食を取り、早く寝る。
軽い運動を定期的に行う。
そして、精神的ストレスも貯めない。

そんな生活をしていれば、自律神経が乱れることもないでしょうが、中々そんな日常は過ごせないのが普通でしょう。
では、なるべく気を付けることを、意識してみると良いかもしれません。

ビタミンBが自律神経を整えるのに、有効だと言われています。
また、疲労回復や、集中力を上げる効果もあるようです。



PAGE
TOP