肩の痛みに関連した症状とその対処法

原因は様々です

予防することが大切

自律神経のバランスが崩れることでも、肩こりが起こってきます。 首から肩、背中まで、バキバキに凝っているような場合は、これを疑っても良いかもしれません。 自律神経のバランスが崩れる原因のひとつに、「ストレス」があります。 また、環境の変化や、生活リズムの乱れなども、原因に成り得ます。

自律神経も影響する

肩こりが起こる要因は、肩周りの筋肉の血行が悪くなることです。
ひどくなると、しびれや頭痛などの症状が出てくることもあります。
そうなる前に、意識して予防をしていきましょう。

肩こりに効果的な予防法は、どんなものがあるでしょうか。
まずは、長時間同じ姿勢でいないようにしましょう。
パソコン作業などをしていると、ずっと同じ姿勢でいませんか?
これは、肩こりにつながります。

長時間、同じ姿勢でいるなと、気付いたら、肩回しや首回し、伸びなどをして肩回りを解しましょう。
そんなことが、肩こりの軽減に繋がります。

また、日頃から運動をするのも大切です。
運動をすることで、体の血の巡りが良くなり、肩こり改善に繋がります。
運動を続けると、筋肉が柔らかくなり、筋肉量も増えるため、これも肩こりが起こりにくい体になります。
腕を回すなどして、背中の大きな骨の、「肩甲骨」を動かすことでも、肩こりを和らげることができます。
「肩が凝ったな」と感じたら、まずは動いてみましょう。

眼精疲労からも、肩こりが起こります。
目を酷使しすぎないように、注意しましょう。
長時間、目を使って疲れたなと感じたら、目を休ませてあげることも大切です。

肩こりなどの体の痛みは、体からのSOSなので、放置せずにメンテナンスを行いましょう。
長時間の作業をしなければいけない場合も、1時間毎に休憩を取ることで、大分違ってきますので、意識的に目や肩を休ませてあげましょう。

身体を整えるのは、バランスの良い食事

肩こりが起こるのは、運動不足やストレスなどが原因とされることが多いですが、バランスの取れた食事をしっかりすることでも、身体の内側から元気にしていくことが可能です。 身体を作っているのは、口から摂取された食事が資本となるので、身体の不調を治していくには、食事の取り方や内容に気を付けることも大切です。

肩こりになりにくくする

肩こりが起きてしまってからでは、解消するのに時間やお金がかかってきます。 なるべく肩こりにならない、なってもすぐに解消するように心がけることで、快適に過ごせそうですね。 日頃から、どんなことに着目しておくと良いでしょうか。 まずは、正しい姿勢を保ちましょう。


PAGE
TOP